『人とインターネットの融け合う世界を創る』

私たちが現在生活しているこの物理的な世界は、実は世界の半分でしかありません。デジタルな情報をあたかもモノのように空間に配置保存できるARcloud技術が登場し、デジタルな情報は画面の奥からこの世界全てのフィールドへと活躍の場を広げつつあります。私たちはこの世界のもう半分であるデジタル世界をエンターテインメントから構築し、物質と情報を状況に応じて選択できる未来のインフラを創っています。

現実を物語にする未来の音声ガイド『Auris』

『Auris』は、リアル空間にゲームエンジンを適用することで、現実世界にいながらゲームのようにインタラクティブな音響体験ができるiOSアプリケーションです。サービス名は、ラテン語で「耳」を意味する言葉に由来し、「インターネット技術によって人の耳の能力を拡張し、聴覚の持つ新しい可能性を切り開いていく」という意思が込められています。

Aurisの詳細はこちら

現実を物語にするカメラアプリ『Vismuth』

Vismuthは、アバターのいる生活を切り取ることができるARカメラアプリです。多様性を引き出すアバター文化をビスマス鉱石の多様な色に例えて名付けられています。モデルが自然に落とす影や、エフェクトの効果により、モデルがあたかも現実世界にいるような、思わずストーリーを想像してしまう実在感のある写真を撮ることができます。また、空間をスキャンすることでその場所にいるキャラクターと出会うことも。VRM/VRoid Hubに対応し、デフォルトのモデルに加えて自作のVRMモデルや許可されたVRoid Hubのモデルと一緒に撮影が可能です。

Vismuthの詳細はこちら

新しいエンターテイメントから未来のインフラへ

デジタルツインとARcloud技術を活用して、リアルとデジタルの融け合う様々なユースケースを一緒に育てていく施設・事業者のパートナーを広く募集しています。
取材やご質問などもこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ