導入事例

東北楽天ゴールデンイーグルス
声で繋がる”がんばろう東北”の輪

東日本大震災から10年という節目の年に合わせ、タブレットを持って、スタジアム外周をめぐるとキャラクターが現れ、東北や楽天イーグルスへのメッセージを楽しめるプログラム。3日間のイベントのために録り下ろした楽天イーグルス所属選手の「声」や、東北・楽天イーグルスにゆかりのある著名人の皆さまの「声」、事前に募集したファンの皆さまの「声」、東北在住の皆さまからの「声」を活用し、まったく新しい体験型エンターテインメントを提供しました。

【実証実験】
実施日時:2021年6月18日(金)〜20日(日)
会場:楽天生命パーク宮城(宮城県仙台市宮城野区宮城野 2-11-6)
料金:無料
【メッセージ公募】
実施日時:2021年4月22日(木)〜5月31日(月)
応募方法:メールに30秒程度のボイスメッセージ(動画も可)を添付して送信

■課題・ご要望
– ニューノーマル時代におけるエンターテインメントの創出
– スタジアム来場者のアップセルへの寄与

■協働内容・解決策
楽天イーグルス:コンテンツ監修、メッセージ公募協力、メッセージ録音コーディネート、IP提供、会場提供、UI/UXテスト協力、当日運営
GATARI:アプリ設計、空間3Dデータ構築、各種3Dモデル作成、MRコンテンツ企画、MRコンテンツオーサリング、楽曲・SE制作、脚本制作、当日運営

本プロジェクトは、仙台市経済局主催「SENDAI X-TECH BUSINESS BUILD」でGATARIが楽天イーグルス賞を受賞したことによりスタートしました。
コロナ禍でスタジアムの収容人数が限られたり、非接触のサービスが求められる中で、タブレットをレンタルした後はスタッフのアテンドなく、来場者が自由に楽しめる3種類のコースを設計しました。

■効果
3日間のイベントで約120名が参加しました。アンケートでは、30代のユーザーが半数近くを占め、また約80%がスタジアムに年間2回以上来場するコアファン層であることが明らかになりました。さらに、約90%の方が「自分で音声をAuris上に保存する遊びをしてみたい」に5段階中3以上の評価をしてくださっています。

■コンテンツクレジット
選手コースナビゲーター:銀次選手、岡島豪郎選手、茂木栄五郎選手、早川隆久選手
エンジェルスコースナビゲーター:KANO、RENA、HOZUMI、NANA
スタジアムMCコース:千葉マサトさん

声の出演:岸孝之選手、則本昂大選手、鈴木大地選手、内田靖人選手、安樂智大選手、小深田大翔選手、太田光選手、村林一輝選手、その他著名人

脚本:黒木洋平(GATARI Inc.)
音楽:増田義基(GATARI Inc.)
オーディオエンジニアリング:井関幸平(GATARI Inc.)

協力:東北楽天ゴールデンイーグルス

お問い合わせ イベントレポート 他の事例