導入事例

乃村工藝社
"oto rea"(オトリア)

乃村工藝社( https://www.nomurakougei.co.jp/ )のイノベーション・ラボラトリー「NOMLAB(ノムラボ)」( https://www.nomlab.jp/jp/ )と共同で開発・提供している、演出に特化した音響体験サービスです。”Auris”を活用しながら、乃村工藝社の空間プロデュースの知見を最大限に活用し、ミュージアムなどの文化施設をはじめ、教育・観光・エンタメの分野で、音によるプラスワンの体験を提案いたします。
株式会社乃村工藝社の本社お台場のコミュニケーションスペース「リセットスペース」には3種類の回遊型デモコンテンツを設置していますので、体験をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

■課題・ご要望
– NOMLABがテーマとする「デジタルイノベーション × 場づくり」による空間体験の可能性の拡張
– コロナ禍により三密回避や非接触が求められる文化施設等のニーズを満たす、デジタルコンテンツの制作
– ICT/IoT時代に対応し、顧客のアップセルに寄与する新しい空間演出の手法を考案する

■協働内容・解決策
乃村工藝社 NOMLAB:プロジェクトマネジメント、プランニング、コンテンツディレクション、サウンドクリエイション
GATARI:アプリ提供、オーサリング、音響演出、サウンドクリエイション

照明やディスプレイといった施設側の既存設備とも連携した体験の設計を見据え、意見交換を進めています。

■効果
2020年9月に実施した体験会には115名が参加。
アンケートでは、体験について「いつものリセットスペースにいるとは思えない体験ができた。」「音の強弱や方向性がリアルだった。企業SRや工場見学施設で使用できる気がした。」という意見がありました。また、今後のアップデートで期待することについて「空間認識速度の向上」「より安定性が高いシステムができると嬉しい」という意見があり、今後の課題が見えました。

お問い合わせ イベントレポート 他の事例