MR(複合現実)プラットフォーム”Auris(オーリス)”を開発するGATARI、東京都が行う「行政課題解決型スタートアップ支援事業」の「新商品等の生産・提供により新たな事業分野の開拓を図る者」に認定 
〜ピッチイベント「UPGRADE with TOKYO」第11回で優勝し、2021年10月から2024年3月まで、認定をもとに行政課題の解決に資する最先端技術サービスを提供〜

プレスリリース

  • HOME
  • ブログ
  • プレスリリース
  • MR(複合現実)プラットフォーム”Auris(オーリス)”を開発するGATARI、東京都が行う「行政課題解決型スタートアップ支援事業」の「新商品等の生産・提供により新たな事業分野の開拓を図る者」に認定 〜ピッチイベント「UPGRADE with TOKYO」第11回で優勝し、2021年10月から2024年3月まで、認定をもとに行政課題の解決に資する最先端技術サービスを提供〜

Mixed Reality(ミックスドリアリティ:複合現実、以下「MR」) スタートアップの株式会社GATARI(ガタリ、本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:竹下俊一、以下「GATARI」)は、この度東京都より「行政課題解決型スタートアップ支援事業」における「新商品等の生産・提供により新たな事業分野の開拓を図る者」に認定されたことをお知らせいたします。2021年2月に東京都が主催したピッチイベント「UPGRADE with TOKYO」第11回(募集テーマ:通信技術・デジタル機器を活用した都立文化施設のアクセシビリティ向上)でGATARIが優勝したことをきっかけに本認定に至りました。認定期間中、東京都の機関が競争入札によらずにGATARIの開発するMRプラットフォーム”Auris(オーリス)”を購入・使用することができるようになります。2021年10月から2024年3月までが認定期間で、都と連携して事業を検討してまいります。

2016年に創業したGATARIは、リアル空間とデジタル空間がシームレスに融合し(ミックスされ)、リアルなモノとバーチャルな情報とを等価に表示・操作することができるMixed Reality※1 社会の実現に取り組むスタートアップです。視覚を拡張するARグラスの開発・普及に先駆け、すでに世間に浸透しつつある6軸センサー搭載のウェアラブルデバイスや空間オーディオ技術の発展、さらにデジタルツインを構築しARcloud技術※2 を活用することで聴覚からMRを実現させるべく『Auris(オーリス)』という空間プラットフォームを開発・提供しています。「今までにないエンターテインメントから未来のインフラを創る」をミッションに掲げ、これまでに神奈川県や東北楽天ゴールデンイーグルスとウィズコロナにおける観光エンタメイベントを企画したほか、東京メトロ・鹿島建設・乃村工藝社とともに空間ビジネスのDXや施設アクセシビリティの向上に取り組んでまいりました。

2021年2月には東京都が主催したピッチイベント「UPGRADE with TOKYO」第11回(募集テーマ:通信技術・デジタル機器を活用した都立文化施設のアクセシビリティ向上)に代表・竹下が参加し、「既存の設備に一切干渉せずに空間の文化価値を高めるデジタル世界の構築」のプロポーザルで優勝しました。そして、この度「行政課題解決型スタートアップ支援事業」における「新商品等の生産・提供により新たな事業分野の開拓を図る者」に認定されました。本認定により、2021年10月から2024年3月までの間、東京の機関は競争入札によらずにGATARIの開発するMRプラットフォーム”Auris(オーリス)”を購入・使用することができるようになります。

Aurisは空間のスキャンから空間編集(トリガーとアクションの配置)、クラウドへの保存、 マルチプレイヤーでの復元・体験までをスマートフォンのアプリケーション上でワンストップで実現可能なアプリケーションです (iOS11 以降、iPhone6s 以降に対応)。スマートフォンのカメラで捉えた現実の風景と、該当する空間のデジタルツイン※3 とを照合して位置測位を行うため、Aurisが編集対象とする場は屋内外を問わず、さらに物理的な施工を行う必要なく、文化財なども傷付けずに、既存設備を生かした状態で空間の体験価値を向上させることが可能です。従来より都内施設(美術館・博物館・図書館・市民ホール・体育館等)におけるインクルーシブ性の向上やメンテナンスのコスト削減に期待も寄せられ、フィジカルとデジタルの双方の良さを活かした持続可能な施設運営とインフラ整備を推進します。

今後、東京都とGATARIは、約1400万人が暮らす都市、東京から世界に先駆けてMR社会を実現するべく、連携を強化してまいります。

※1 Mixed Reality(MR、複合現実):リアル空間とデジタル空間がシームレスに融合し(ミックスされ)、リアルなモノとバーチャルな情報を等価に表示・操作することができる状態のこと
※2 ARcloud:現実空間のスキャンデータを活用し、様々なデジタルデータを現実空間上に保存・共有することを可能にする技術
※3 デジタルツイン:物理世界を同スケールでデジタル空間に再現した 3D データ

■関連記事
2021年2月26日実施「UPGRADE with TOKYO」第11回(募集テーマ:通信技術・デジタル機器を活用した都立文化施設のアクセシビリティ向上)開催レポート|UPGRADE with TOKYO 公式note

■お問い合わせ
株式会社GATARI(担当:冨山・磯野)
[フォーム] https://share.hsforms.com/1M_lQE8HORJiJ2QOkkhSGjAbwv75
[メール] contact@gatari.co.jp

■本プレスリリース(PDF)はこちらからDLできます。
https://prtimes.jp/a/?f=d34007-18-c261bf3b4ee411dfced2d3e04932abe3.pdf

※プレスリリースに記載された内容(価格、仕様、サービス内容等)は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧